新卒FAQ | アルパイン情報システム株式会社

採用情報 新卒FAQ

新卒採用ページにアクセス頂き、ありがとうございます。
ここでは新卒の皆さんから多く寄せられる質問を、FAQ形式でご紹介しています。

Q1. 内定から入社までの流れはどのようになっていますか?
A1. 弊社は通年採用を実施しているため、入社時期によって若干異なる場合もありますが一番多いパターンで簡単にご説明させて頂きます。

10月

アルパイングループ合同内定式、及び内定者・先輩社員との懇親会

入社前研修の一環として課題を持ち帰って頂きます。
(社会人になるにあたっての事前知識の習得)

3月末

入社前研修開催

マナー研修/安全衛生研修など ※2日間予定

4月

入社/入社後研修

アルプスアルパイングループ合同入社式、及び 共通研修研修(営業実習、製造実習など)を経て、業務遂行能力習得を目的としたAISIオリジナル研修、仕上げの中国研修など。
※約半年程度を予定

ページトップへ戻る

Q2. 1日のスケジュールを教えてください。
A2.
8:15 ラジオ体操

これが製造業らしいところと言っても過言ではないでしょう

8:20 始業
12:00 昼食
12:45 午後開始
17:00 終業
スケジュールは携わる業務によって異なります。

たとえば…

ほとんど1日中ユーザさんやベンダさんと打合せをしている人

システム改善や新規システムなどの提案書を作成している人

英語で独り言を言っていると思いきや、ヘッドセットをして海外とMTG中の人

ユーザさんからの問合せに対応している人

PCをずらっと並べてセットアップをしている人 etc.

ページトップへ戻る

Q3. 教育制度はどのようになっていますか?
A3. 個人のキャリアに合わせた教育制度を厚くしているのが、最大の特徴です。

各人が自らの成長を考え、会社はその実現をサポートするといった仕組みづくりを行っています。根底には、会社の成長は、エンジニアの成長なくしてなし得ないという考えがありますので、会社が一方的に教育をするのではなく、双方の成長を見込んで教育が計画されていきます。

ページトップへ戻る

Q4. 高いテクニカルスキルがないとダメですか?
A4. 即戦力でご応募いただく方には、当然ハイスキルを望みますが、新卒でご入社いただくみなさんに、最初からテクニカルなところは求めておりません。テクニカルな部分というのは、トレンドにより変わっていくもの。私たちが望むのは、基本的、普遍的なところです。そして、新しい技術や知識をスピーディに吸収していける力を持っていることです。そのために今何をすべきかをよく考え、行動に移す力を身につけることが皆さんに望む点です。

ページトップへ戻る

Q5. どんな資格やスキルをもった人が働いているのでしょうか?
A5. AISIは、ITプロフェッショナル集団ですから、ITに関する様々な分野での資格保有者がおります。テクニカルな分野だけでなく、業務系コンサルタントやセキュリティ分野にも及びます。

ただ資格を持っている=仕事ができることにはならないことはぜひご理解ください。資格はあくまでも指標です。たとえば、情報処理に関わる基本的な知識を保有している指標となりうる『基本情報技術者試験』などをお持ちですと、この業界に対して、全くのZEROからのスタートではないのだなと判断できますから、資格は無いよりはあった方がいいという位置づけです。

ページトップへ戻る

Q6. 入社前に資格を取得したほうがいいのでしょうか?
A6. 新卒で入社される方に必須で資格を求めてはいません。それよりも、自己成長に前向きで、努力して知識を習得したり、それをスピーディーに行うことができたり、また設定した目標に対して、その実現に向けて前進できる事が重要と私たちは考えます。それは、私達の業界は特に、現状保有する技術やスキルに固執せず、目まぐるしく進化する情報や技術を受入れ、習得し続けなければならないからです。また、グローバル展開するアルパインの海外拠点IT担当者やシステムユーザと話せる語学力(主に英語)をしっかりと身につけていくことも大切です。

今、ご自分がまず何をすべきかを考え、優先順位をつけて実際に行動できる事が大切な事だと考えます。あまり資格取得にこだわるよりも、今しかできない事をじっくり考えて、その今しかできないことを思う存分やった方がいいと思います。(大学の勉強や研究、アルバイト、旅行…人生でそんなに長い休暇を取れることは就職してからですとそうないと思います)その体験を大切にして入社までの時間を有意義に、そしてこれからの人生の糧にしてください。

ページトップへ戻る

Q7. 海外出張や転勤などはありますか?
A7. 私たちのお客様はアルパイン及びアルパイングループです。アルパインは世界中に50数拠点あります。それら全体にかかわる情報システム構築のヘッドクォータ(メイン)となっているのが日本です。そして、その中にある情報システム部門であるアルパイン情報システムなのです。

海外ユーザとの打ち合わせや、工場立ち上げの際のシステム構築~ユーザ教育~安定運用に至るまで、私たちがAISI関わっております。したがって、部署にもよりますが、海外出張は頻繁にあります。(欧州・米州・中国。最近は東南アジアなども)

また、各地域の拠点にはヘッドクォータである日本からIS部門の責任者的位置づけで駐在となるケースやプロジェクトリーダーとして2~3年程度海外勤務となるケースもあります。

ページトップへ戻る

Q8. 活躍している社員はどんなタイプの方ですか?
A8. 何にでも興味を持ち、主体的に考え行動できる人ですね。受身ではなく、自ら課題を設定し、その解決に向けて動き出せる個性的でProActiveな人たちでしょう。